投稿日: Jun 8, 2018

ベル通り整骨院

つらい動きを改善する経絡ストレッチ⑧ まとめ こんにちは、ベル通り整骨院のマイビジネスサイトです。 経絡ストレッチ、連載のまとめです。 経絡ストレッチは身体の動きに対して現れる違和感・不快感の改善を目的として行われます。ここが普通のストレッチとは違うところ。 M-testという違和感に対する経絡の反応に基づきストレッチする方向を決めます。(写真の表) 例えばAのブロックに入っている動きなら連載の③から、Bのブロックなら②、Cのブロックなら④、Dなら⑥、Eなら⑤、Fなら⑦からという具合でストレッチを選択してください。 ストレッチはゆっくり無理せず時間をかける(60秒程度)スタティックストレッチと呼ばれる方法で行います。 同じストレッチを三回ほど行ってください。 ※ストレッチで改善しない違和感もありますので、症状に変化がない場合は無理せずストレッチは中止し、病院等で診察されてください。 この連載はお役に立てましたか? 最後までお読みいただきありがとうございました