投稿日: 2018/06/01

ベル通り整骨院

つらい動きを改善する経絡ストレッチ④ 首・腕の側面を伸ばすと痛み・つらさが出る方のためのストレッチ こんにちは、ベル通り整骨院のマイビジネスサイトです。 経絡ストレッチ、今日は実践編その3です。 頭を横に倒す、腕を水平にして前後に動かすなど首、腕の横側を伸ばした時に痛みを感じるときは、腕の側面(手の平、手の甲側)を走っている経絡(心包経、三焦経)を刺激すると効果が有ります。 写真の動作のように腕の手の平手の甲側を交互に伸ばして、1分程度脱力するようにストレッチします。 ストレッチの最中は痛気持ちいい程度を心がけながら、ゆっくり伸ばすと可動範囲が広がってきます。 ストレッチ後はリラックスしましょう。 同じ動きを2~3回繰り返してください。 ※M-testで評価した痛みは、経絡テストで改善する場合としない場合があります。数回繰り返して改善が見られない場合は中止して医師などにご相談ください。※ この情報はお役に立ちましたか? 最後までお読みいただきありがとうございます